トップページ > ○○のつぶやき

○○のつぶやき

もっと イキイキ ひと まち くらし

来年こそは・・・! 2021-12-13

月日の経つのは早いもので、2021年も残すところあとわずかとなりました。
今年1年を振り返ってみると、新型コロナウイルスに振り回された年だったように思います。
ここ最近は、オミクロン株の感染動向が心配ではありますが、感染も随分と落ち着いてきており、このまま収束の方向に向かってもらいたいと切に願うばかりです。
そして、「福島の子ども保養プロジェクト(愛称:コヨット!)」をぜひ、2022年3月に開催したいと考えています。
ところで皆さま、「コヨット!」をご存じですか?

「コヨット!」とは、子どもの保養プロジェクトの「子どもの㋙」「保養の㋵」「プロジェクトの㋣」を繋げた言葉で、保養に「来よう!」と誘う意味が含まれています。
2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害で、放射能と向き合いながら不安を抱えつつも福島で子育てをしている保護者に対し、県外の青空の下で子どもたちがのびのび過ごす機会を提供することで、精神的なケアにもつなげる支援をしようと福島県生活協同組合連合会が主催しています。
ララコープでは2015年から取り組み、これまでに延べ58名の子どもたちを長崎に招待しました。しかし、2020年と2021年は残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響から実施することができませんでした。
しかし、コロナの感染がこのまま落ち着いた状況が続けば、3年ぶりに開催できるのではないかとメチャクチャ期待しています。
今回は、福島在住の親子8組を招待して、ハウステンボスや野母崎でのカヌー体験、ララコープの生産者やお取引先とのバーベキューなどで楽しんでもらう予定にしています。もちろん長崎原爆資料館見学などの平和学習もおこなう予定です。

その為にも、皆さん!日頃より感染防止対策をしっかり講じて、コロナの感染が広がらないようご協力をお願いいたします。
また、来る年が皆さまにとって幸ある1年となりますことを心よりお祈り申し上げます。
コヨット!inながさき2022担当の木谷でした。