トップページ > 組合員活動 > 環境 > 環境イベント報告(NO2測定)

環境

よりよい環境を次の世代に引き継ぐために努力します。

環境イベント報告
(NO2測定)

おもいっきり深呼吸?!
空気の汚れを
チェックしました考えよう!私たちのまちの環境

今年も大気測定を実施しました。環境問題はまさしく、私たち自身が直面している問題であることが実感できると思います。そして、その実感をくらしの見直しや地域の人たちとの具体的な行動に結びつけて行きましょう!

二酸化窒素(NO2)とは
どのようなもの?おさらいしてみましょう

どのようなもの?

窒素と酸素が結びついたもので窒素酸化物(NOX)のひとつです。この窒素酸化物の中でも二酸化窒素は大気汚染の原因の主なものとされています。

発生原因は?

高温度でものが燃焼する時に、空気中にある窒素と燃やされるものにある窒素、燃料にある窒素が酸化され、空気中に放出されて発生します。

主な発生源は自動車の排気ガスによるものですが、ストーブやタバコなどによっても発生します。

どのような影響が?

ぜんそくなど主に呼吸器に影響を及ぼすと言われています。

どのようにして濃度を
はかるのでしょうか?

  1. 測定を終えたカプセルに「ザルツマン試薬」を5ml入れ、NO2と反応させて赤紫に発色させます。※この色が濃いほどNO2の濃度が高くなっています。
  2. 赤紫色の濃さを「ユニメーター」という器械を使って調べます。これは液が入ると針がふれて濃度がわかる器械です。
<NO2測定方法>専用シートに貼りつけて、ろ紙を入れたカプセルの底をはずし測定場所に24時間つるします。

測定する時の雨の影響は?

カプセルの構造は底の部分からNO2が入り、ろ紙に吸着されるようになっています。よって、よほどの大雨でない限り大きな影響はないと思われます。

今回の測定結果

一斉測定日
2018年11月26日(月)~12月2日(日)
測定のポイント
  • 最終定点測定 76ポイント

    (ララコープ支所・店舗前:19ポイント)

  • その他一般公募、エリア委員の任意点測定 27ポイント
合計103ポイントで測定

ララコープが定めた測定の目安(ppm)

  • きれい(0.02未満)
  • やや汚い(0.02以上~0.04未満)
  • かなり汚い(0.04以上~0.06未満)
  • 非常に汚い(0.06以上)

2018年測定値ベスト3

順位 測定地点 市町村 測定値
1(測定No.57) 富江小学校前 五島市 0.0000ppm
2(測定No.66) 五島支所 前幹線道路 五島市 0.0000ppm
3(測定No.55) 福江市馬責馬場 五島市 0.0022ppm
3(測定No.62) 諫早支所 前幹線道路 諫早市 0.0022ppm

2018年測定値ワースト3

順位 測定地点 市町村 測定値
1(測定No.38) 長崎駅前 長崎市 0.0371ppm
2(測定No.59) 長崎市 小江町 前幹線道路 長崎市 0.0368ppm
3(測定No.50) 長崎市 滑石打坂 長崎市 0.0322ppm
3(測定No.58) 長崎市 柳田町 前幹線道路 長崎市 0.0322ppm

※定点におけるベスト3、ワースト3です。

毎年決まった日に大気測定をするこの調査も26年目となりました。今回は定点76カ所のうち、昨年と比較して二酸化窒素が減少した場所は54カ所、上昇した場所は21カ所、変化なしが1カ所と昨年をはるかに上回るよい結果となりました。これは環境に配慮した車が増加しているということもありますが、測定日の気象条件(降水による大気中の汚染物質の浄化、さらに強風の影響を強く受けた)により、大気中の二酸化窒素が広範囲に拡散し、全体的に低い値になったものと考えられます。

同じ季節でも毎年同じ気候になるわけではないように、二酸化窒素の濃度も日々、様々な条件によって変化します。風向や風速、日照、測定場所の立地条件など要因は様々です。

二酸化窒素の主な発生元は車の排気ガスと言われています。自動車の使用を控えることや公共交通機関を利用するなど、まずは家庭からできる取り組みを実践していきましょう。

《一人一人の小さな努力の積み重ねが私たちの地球を支える力になる》
皆さん力を合わせてきれいな地球を子どもたちに引き継いでいきましょう。