トップページ > ○○のつぶやき

○○のつぶやき

もっと イキイキ ひと まち くらし

親の終活 2021-11-30

やらなくちゃいけないなあ~と思っていながら、先延ばしにしていることはありませんか?
私にとって、そのうちの1つが親の終活でした。9月に母が天寿を全うしたことで、いよいよ正面から向き合うことになりました。とはいえ、私は1つ手を打っておいたことがあります。それは、なかなか腰を上げない両親に代わり、終活セミナー2ヵ所に足を運び事前に勉強していたことです。おかげで葬儀に関しては大して慌てずに済み、本当に助かりました。

しかし今頭を抱えているもう1つの問題は、お墓です。「お墓はいらない、納骨堂も嫌だ」という父に、期待を込めて樹木葬を提案したのですが、絵はがきのように見晴らしのよい所を紹介したにもかかわらず、「俺のイメージと違う」と一蹴。ため息ばかりの私たち兄妹をよそに、当の父は、1日に何度も母の遺骨に話しかけるのが日課となり安らぎとなっているらしく、納骨が済むと寂しくなりそうだとこぼし始めました。どうやらこの様子だと、父の気の済むまで母の遺骨は一緒に居てもらうことになりそうです。
我が家は特殊なケースでしょうが、元気なうちに早めの終活をオススメします!
1月には県北エリア委員会も葬祭学習会を計画しているとのこと。そういう場も活用しながら、皆さんの終活は上手くいくことを心から願う篠﨑でした。